社会福祉法人 童愛福祉会 わらべ保育園
 今月の目標
2月 保育目標
(教育) ◎日本の伝統文化(節分)に親しみ、春の訪れを感じ作ったり描いたり表現することを楽しむ。
     ◎土に触れ収穫する喜び(食)への感謝の気持ちを育む。(親子じゃがいも掘り)
(養護) ◎冬から春への移り変わりの自然を感じ、寒さに負けず健康に留意して過ごす。
     ◎清潔で安全な環境の中で、感染症から身を守る習慣を身につける。
ひよこ組 うさぎ組(0歳児)
<ひよこ組>

 ◎戸外遊びや散歩で体を動かす事を楽しむ。
 ◎友だちや保育士と一緒に、節分の雰囲気を楽しむ。
 ◎衣服の調整や手洗いなどを保育士と一緒に行い健康に過ごす。


 先月は、凧とコマ作り、だるまの福笑い、ムーチー作りあそびをしました。屋上で凧揚げをするとクルクル回る凧を「まて、まて~」と両手を広げて追いかけ大喜びでした。ひよこ組ならではのお正月遊びを楽しみました。最近は、散歩に行くと道端の こびとの置物を見つけて「おはよう」とあいさつをするのが好きな子ども達です。今月は、節分を通して行事の雰囲気を楽しみ、散歩では春を見つけていきたいと思います。また、健康面には気をつけて、元気に過ごしたいと思います。


<うさぎ組>

◎散歩や戸外あそびで小さな春を感じる。
◎保育士や友達と一緒に、節分の雰囲気を楽しむ。
◎冬の生活習慣(衣服の調節など)保育者と一緒に行い健康に過ごす。

 寒い日、暖かい日と気候も日々変わっていく中で、子ども達は元気いっぱい!沢山個別散歩に出かけ、草花や石等自然物に触れたり、坂道を登ったり、猫や鳥、飛行機、車を間近で見たり、音にも触れる事で同じ道でも毎日違う発見を一緒になって楽しんでいます。1月は、お正月の雰囲気を十分に感じて遊んでいた子ども達、今は節分に向け、豆まきや鬼のパンツを歌って踊ったり、壁面にシールを貼って鬼退治の準備に励んでいますよ!自分でやりたい!自分もやりたい!と自我や意欲が高まり様々な事に挑戦している子ども達。思いを受け止め、さりげない援助で出来た喜びを共有し、楽しく過ごしていきたいと思います。
こあら 組(1歳児)
<こあら組>

◎保育者や友だちと一緒に、絵本や音楽を通して、節分の雰囲気を楽しむ。
◎戸外遊びや散歩に出掛け、冬の自然や小さな春の訪れに触れて楽しむ。
◎食前や戸外遊び後の手洗いを習慣付け、健康に過ごす。

 1月は、福笑い、コマ回し、ムーチー作りごっこと、お正月ならではの遊びをたっぷり楽しんだこあら組。その中でも、らいおん組が披露しに来てくれた“獅子舞”に、子ども達は、目と口を大きく開けていましたよ!中には泣いている子も居ましたが、獅子舞が帰ると、「ししまいいたね!」と嬉しそうに話している子ども達でした。2月は、節分がありますね。鬼のお面作りをしたり、新聞紙を丸めて豆を作ったり、「おには~うち!」と豆をまいてみたり、少しずつ節分の雰囲気を楽しんでいる子ども達です。今月も、寒さに負けず、戸外でたっぷり体を動かして楽しみたいと思います。、また、感染症にも気を付け、みんなで元気いっぱい過ごしていきます!
きりん組(2歳児)

◎絵本や豆まきなどを通して、鬼に興味を持ったり、節分の雰囲気を楽しむ。
◎散歩に出掛け、友達と歩く事を楽しんだり周りにある自然に触れ、小さな春をみつけ楽しむ.
◎戸外から帰ってきたら、手洗いと共にうがいも行い、風邪に負けない方法を知る。

散歩に出るのが大好きなきりん組。今までは園周辺や小学校への散歩が多かったのですが、初めて水筒を持って、横断歩道を渡って公園まで行ってきました。公園では虫や花を見つけたり、ブランコに交代で乗ったりと楽しんでいた子ども達です。ポカポカと暖かい日も多くなりました。天気の良い日は水筒を持ってゆいまーるセンターなど、距離を伸ばした散歩にもどんどん出かけていきたいと思います!気持ちはもう”ぱんだ組”の子ども達。自分で出来る事はなるべく見守りの中でさせながら身の回りのことを自分でできるようになった喜びを一緒に感じていきたいと思います。
ぱんだ組(3歳児)

◎進級に向けて期待を持ち生活する
◎伝統文化に親しみ、春を感じながら制作活動を楽しむ
◎手洗いうがいを行い、健康に留意して過ごし、寒さに負けない体作りをする

お兄ちゃんや、お姉ちゃん達の真似をしたり、教えてもらったりしながらコマ回しやけん玉、すごろく、カルタなどお正月の伝承遊びを楽しんでいるぱんだ組さん。すごろく遊びでは「6だよ~」とサイコロの数を数えることもできますよ!遊びのルールも少しづつ分かるようになって楽しんでいます。先日のお弁当日には、子ども達手作りの凧を持ってゆいまーるセンターに出かけ、凧あげを楽しみました。今月も寒さに負けず、散歩に出かけ冬の自然を楽しんでいきたいと思います。もうすぐぞう組さん!進級に向けての期待も高まってきました。健康面に気を付けながら、生活面も整えていきたいと思います。
ぞう組(4歳児)

◎友達や異年齢での関わりを楽しみ、進級に向け期待感を持つ。
◎自然体験やクッキングを通して、食に興味を持って楽しむ。
◎季節の変化を感じ、寒さに負けず健康に過ごす。

コマ回しやけん玉、まりつき、凧揚げ等の正月遊びを友達と一緒に楽しんでいるぞう組さん。年長児に憧れを持ちながら、自分なりの目標に向かってコツコツと頑張っています。今月は、節分があります。自分の心の中の鬼に気付き、豆まきをしたり、ダンスをしたりしながら心の鬼を退治したいと思います。また、じゃがいも掘りや桜を見つけに散歩へ出かけたりと、今月も自然体験を満喫したいと思います。
らいおん組(5歳児)

◎友達や異年齢での関わりを深め、様々な活動に取り組む楽しさを感じる。
◎就学に向けての取り組みを通して、期待感を高める。
◎生活習慣を整え、時間を意識して自ら行動する。

「こうやって回すんだよ」と小さい子たちにコマの回し方を教えたり、けん玉、まり付、お手玉等、沢山の遊び方を教える姿が見られました。「〇〇が上手になってきているよ」と自分の事のように喜ぶ姿にほっこりします。今月は、節分・じゃがいも掘りと沢山のイベントがあります。卒園まで残り僅か。沢山の人との繋がりを感じながら一つ一つの行事に期待感を持って楽しんでいきたいと思います。


 
HUG  ~子育てメッセージ~
HUG  ~子育てメッセージ~
子どもは心が満たされると
「楽しい」「嬉しい」。
心が寂しくなると
「悲しい」と表現するんだ。
これってとても大切なこと。
一緒にいて共感してくれる人がそばに
いるだけで喜びは2倍に、悲しみは半分に。
忙しい毎日の中で忘れがちな、
当たり前の心の表現。
子どもと一緒に泣いたり、笑ったり、
気持ちを共感できたら素敵だね


わらべっ子のつぶやき
 ~好きな歌詞(3歳児)~
保育士の隣で十二支の歌を歌うRくん。
Rくん  「…とら、うさぎ」
保育士 「ねずみ、うしからだよ」
Rくん  「…とら、うさぎ!!」
この部分の歌詞が気に入っている様子でした。

~温泉みたい(4歳児)~
保育士と一緒に食事をするRちゃん。
Rちゃん 「先生、寒いから先に
   スープから飲んだ方がいいよ」
保育士  「そうだね」
Rちゃん  「先生あったかいね!
       温泉みたい!」
Rちゃんの言葉に心が温まりました。