社会福祉法人 童愛福祉会 わらべ保育園
 今月の目標
11月 保育目標
(養護) ・生活に見通しをもって自分で行動する
     ・天候や気候に合わせて衣服を調節し薄着の習慣をつける


(教育) ・秋の自然や味覚に親しむ、豊かな体験を通して感じる心、学びの芽を育てる
     ・保育士や友達とのつながりを深めながら、表現活動を楽しむ。


ひよこ組(0歳児)
<ひよこ組>

 ◎気温や室温に留意し、水分補給や休息を取りながら健康に過ごす。
◎保育士や友だちと一緒にふれあい遊びや体を動かすことを楽しむ。
◎秋の自然を感じながら、戸外遊びを通して砂などの感触遊びに親しむ。

 室内にはおままごとコーナーが登場し、口を「あーん」と開けて食べる真似をしたり、友だちに食べさせてみたりと楽しんでいる子どもたちです。屋上では砂場などで砂の感触を確かめたり、スコップなどの道具を使って砂遊びを楽しむ姿も見られますよ。はじめは、砂場がちょっぴり苦手だった子も回数を重ねるごとに、「なんか楽しそうだな。」「砂場にちょっと入ってみようかな~」と気持ちの変化が見られています。
今月も体調に気を付けながらテラスや屋上で体を動かしていきたいと思います。
うさぎ.こあら 組(1歳児)
<うさぎ.こあら組>

◎木の実や落ち葉など秋の自然に触れ、興味を持ち楽しむ。
◎保育士や友だちと一緒に、かけっこ・跳ぶ・くぐる等の全身を使った遊びを楽しむ。
◎気温の変化に気をつけ、温度調整や衣服調整などをしながら、健康に過ごす。

 心地よい風が吹き、過ごしやすい季節になりました。こあら組は、”親子ミニミニ運動会”で毎日の遊びをお父さん・お母さんに見せる事ができ、親子で触れ合ったりと楽しみました。「マーマーみてたね」「あそんだね」など嬉しかった事を言葉に伝えてくる子ども達です。うさぎ組は、年上の子達のエイサーの真似をし踊ったり、「先生やろう」と平均台からのジャンプやタイヤ登りなどをくり返し楽しむ子ども達です。
 今月は、園庭などで落ち葉や木の実など秋の自然に触れながら楽しんでいきたいと思います。
きりん.りす組(2歳児)

◎気候や身近な自然物から季節の変化を感じ、言葉で表現したり伝え合う。
◎友だちとイメージを共有しながら、小集団での遊びを楽しむ。
◎自分の健康に関心を持ち、体調を整えながら健康に過ごす。

運動会では、たくましく成長している姿を見せてくれた子ども達でしたね。運動会後も、できるようになった自信のもと様々な運動遊びにチャレンジしています。また、余韻を感じながら、親子でやった「まんまるいけ」を子どもたちから歌い出し、手を繋ぎあったりと、楽しんでいますよ~!夕方、屋上で遊んでいる時には、夕日が沈んでいく様子を眺めていたり、暗くなってくると「よるになってきたね」「おうちかえろう!」と、いろいろなことに関心が広がり、それを言葉で伝える事を楽しんでいます。           
 朝晩、肌寒くなってきましたが、今月も屋上でたっぷり体を動かしながら、季節の変化を感じたりと楽しんで行きたいと思います。    
ぱんだ組(3歳児)

◎色々な動物に興味を持ち、遠足を楽しみにする
◎友達と一緒にイメージを共有し、表現することを楽しむ
◎生活の中で必要な事を自分から行い、一人でできたことを喜ぶ

 運動会後も鉄棒で「前回りができた」「跳び箱跳べたよ」「うんていもできるようになった」と思い切り体を動かし運動会の余韻を楽しんでいます。もうすぐ秋の遠足、「大きなバスに乗って動物園に行くんでしょう」と子どもの国への遠足を楽しみにしています。園外に出かけ、秋の自然に触れて元気いっぱい楽しんだり、絵本やお話の世界からイメージを広げて友達と一緒に踊ったり歌ったりして表現遊びも楽しんで行きたいと思います。気温差から体調を崩さないよう体調管理に気を付けていきたいですね。
 
ぞう組(4歳児)

◎秋の季節感を感じながら自然物を使い制作を楽しむ。
◎イメージを持って、友達と一緒に踊ったり、役に成りきったり表現することを楽しむ。
◎衣服の調整をしたり、手洗い・うがいの仕方が分かり、健康に留意する。

 すっかり涼しくなり秋らしさが顔を出してきました。そんな中でも、運動会で自信をつけた子どもたちは、意欲的に取り組み、体を動かすことを更に楽しむ姿が見られますよ。先日のてだこ祭りは、悪天候のため中止という残念なお知らせが届きましたが、誕生会のオープニングで披露の後、メダルにご褒美と喜んでいました。
 また、子ども達も楽しみにしている発表会の取り組みも始まり、様々な楽器に触れてリズムを合わせて楽しんだり「劇は何がいいかな♪」と色々考えているようです。友達とイメージを共有しながら表現することを思い切り楽しみたいと思います。
らいおん組(5歳児)

◎身近な自然に触れ、秋の動植物に親しみを持ち、季節の変化を楽しむ
◎友達とイメージを共有して、様々な表現活動を楽しむ
◎うがい、手洗い、衣服の調整を自分で気付いて行う習慣が身につく

 運動会では、堂々と力を発揮してまた一つ大きな自信となった子ども達。運動会が終わっても新たな目標を掲げて運動に挑戦したり、コマ回しやけん玉、ドミノ倒しなど新しい遊びにも意欲的に挑戦して楽しんでいますよ~。
 発表会に向けての話し合いや取り組みも始まってきました。友達とイメージを共有しながら話をしたり演目を作ったり、様々な表現遊びも楽しんでいます。
先日はわらべ畑にじゃがいもを植えに行きました。「早く大きくならないかな?」「お父さんたちと食べるんでしょ?」とワクワクしている様子。畑にも足を運び、生長や変化も楽しんでいきたいと思います。


 
HUG  ~子育てメッセージ~
HUG  ~子育てメッセージ~
子どもは心が満たされると
「楽しい」「嬉しい」。
心が寂しくなると
「悲しい」と表現するんだ。
これってとても大切なこと。
一緒にいて共感してくれる人がそばに
いるだけで喜びは2倍に、悲しみは半分に。
忙しい毎日の中で忘れがちな、
当たり前の心の表現。
子どもと一緒に泣いたり、笑ったり、
気持ちを共感できたら素敵だね


わらべっ子のつぶやき
0歳児    
食べたくない物が昼食に出てくると、食べないという意思を「ぶーぶーヴーヴー」という拒否の音で表現できるようになってきました。
クイズの✖みたいですね。

1歳児   
オレンジを見つけても名前がなかなか出てこず・・
「みかん!」
その気持ちとってもよく分かりますね~。

遊びに誘ってくれるとき
「先生おいで~」「楽しいよ~一緒においで~」
と誘ってくれます。いや~上手ですね~。

2歳児 
起床して「今日は保育園いけないね~」と話すMちゃん。朝日が夕日に見えた様子。なるほどですね~。
いつも屋上で太陽がお家に帰ると話しているからかな。

3歳児 
夕刻に本園で出会うと
「先生延長?おやつ忘れないでね」と気にかけてくれるHくん。頼もしいですね~。