社会福祉法人 童愛福祉会 わらべ保育園
1月の園だより
以下をクリックすると、詳細がご覧になれます。



『寅 年』
ときめきいっぱい らっきーもいっぱい どんなときも しあわせな年に
2022年、新たな年が幕を開けました。今年は『壬寅』(みずのえとら)厳しい冬を耐えた人々が心待ちにする春の胎動のような生命力あふれた一年とされています。まるで世界中をウィスルの脅威の渦に巻き込んだ経緯を経て、春の温かい発芽、希望の息吹を感じさせます。『寅』は、強く大きく成長するといった願いが込められています。
 さて4日、保育初めの日、楽しいお正月を過ごせたようで「おせち食べたよ」「お年玉いっぱいもらった」「お正月の神様にお願いしてきたよ。わらべ保育園にも来て下さいって!」新春恒例の風景に安堵の思いです。
 新年の集いでは、年長児の獅子舞で幕開けし、正月遊びのけん玉・こま回しと、まりつき、羽根つきと真剣に挑戦する姿に拍手喝采です。年長児の書初め披露では、緊張しながらも「とら」「寅」と見事書き上げ終始笑顔の集いとなりました。「強く大きいとらのように、チャレンジ、挑戦していく一年にしていきましょう」と語りかけ大きく頷く子ども達、きっと願いが叶いお正月の神様が舞い降りてきたことでしょう。
 愛あふれる「年賀状」届き、感謝感動です。トラの絵が描かれ覚えたての文字で新年のあいさつが綴られ、家族のほほえましい晴れ姿、卒園児達からも、今変わらず元気な姿成人式の写真など、遠く離れ年月を重ねても、わらべに思いを寄せてくれていることに元気と勇気を頂いた年賀状です。ありがとうございました。
 新年早々ではありますが、感染力の強いオミクロン株による感染が広がりを見せています。改めてマスク着用の徹底、手指消毒、三密を防ぐ等、気を引き締めて感染対策に努めて参りましょう。ご協力の程宜しくお願い致します。
 1/30日(日)は、生活発表会(3・4・5歳児)を計画しています。感染対策に知恵と工夫をもって、子ども達の育ちいく「今」を大切に、その子その子の「らしさ」や可能性の開花の芽なるよう保育に取り組んで参ります。
 「寅年」諦めない心をもって挑戦の一年スタートです。今年も宜しくお願い致します。
                                                                園長 當間美千代
わらべ保育園における自己評価
わらべ保育園における自己評価
わらべ保育園では本園の保育・教育全般を総合的に評価し、次年度の計画に活かせるよう調査いたしました。

令和2年度わらべ保育園 自己評価