社会福祉法人 童愛福祉会 わらべ保育園
5月の園だより
以下をクリックすると、詳細がご覧になれます。



 五月の空に舞い上がれ 夢 希望 愛  
五月の大空を「よいしょ!よいしょ!」年長児が勇ましくロープを引き
「がんばれ!」と、応援する声が響きます。みごと手作り鯉のぼりが空を舞った瞬間「すごーい!」「ぞう組のこいのぼりがかっこいい!」自分達が手掛けた鯉のぼりを誇らしく感じているようです。「気持ちさそうだね。皆とおよいで嬉しいはずよ」連なる鯉のぼりは、子ども達にとって、友達であったり、家族だったり「みんな一緒」という安心感は、平和そのものです。又お互いのカブトを見せ合い「かっこいいでしょう?」褒め合っています。「カブトをかぶると、元気で強い子どもになれるんだって!お父さんお母さんが作ってくれたカブトが、頑張れ!って心と体を守ってくれているんだよ」と語りかけると、かぶとを大事そうにかぶり、元気にこいのぼりの歌を歌ったり、わらべきょうだいで踊ったりと、笑顔が輝く鯉のぼり掲揚式となりました。(3・4・5歳児幼児クラス) 昨年は、休園要請で職員だけで掲げた事を思い出し涙そうそう…。
愛情溢れる手作りかぶとありがとうございました。
5/2の給食は「かぶとランチ」食育でも子ども達の健やかな成長を願いかぶとを形どった春巻きに興味深々です。『食は記憶に残り、子ども達の豊かな心と体を作り健康な人生へと繋がっていく…』(琉球大学栄養学宜保先生講話より)
 母子、父子登園(慣らし保育)のご協力を頂き1か月を過ぎ、新入園児の子ども達は、担当の先生に抱かれ、見守られ安心して食事が取れるようになりました。泣きの時間も短くなり好きな玩具を手にしては、遊べるようになってきています。連休後は後戻りする場合もありますが、その子のペースで行きつ戻りつ成長していきます。よんな~よんな~(ゆっくり、ゆっくり)見守って下さい。
 各クラス担任からの、一年間のクラス運営の目標(願い)保護者と共に大事にしていきたい事、発達の特徴、安全について等様々な資料を織り込んだオリエンテーション資料をご覧いただけましたでしょうか?動画発信も組み入れ担任の自己紹介も交える等、コロナ禍の中、担任の願いや思いをどのように届けることができるのか?試行錯誤しながらの取り組みです。(動画はひとクラス15分~20分程度)是非資料と一緒にご覧頂き、コロナ禍に負けない、より充実した一年にしていきたいと願っております。保護者会クラス役員の立候補も感謝です。なかなか、保護者会活動も自粛の期間が続いていますが…再び活動再開できる日を信じて宜しくお願い致します。
明日からは、3連休に入ります。爽やかな5月の風と思いきや、しとしとと滴る雨に鯉のぼりも空を仰ぎ晴天を願っているようにも見えます。例年より早い梅雨入りとなりました。厳しい感染状況が続いていますが感染対策に充分気を付けながら、ご家族の温かな時間を過ごせますことを願っております。
                      園長 當間 美千代
わらべ保育園における自己評価
わらべ保育園における自己評価
わらべ保育園では本園の保育・教育全般を総合的に評価し、次年度の計画に活かせるよう調査いたしました。

令和2年度わらべ保育園 自己評価